Main Navigation

Solved2.91K views
0

年少の子供が幼稚園の歯科検診で「過蓋咬合」と診断されました。その半年前に受診した区の3歳半検診では歯科検診があったのですが何も指摘されておらず、突然の結果にびっくりしております。(友人は咬みあわせを指摘されているので、虫歯の有無だけをチェックするのではないはずです)幼稚園からのお知らせの紙には「過蓋咬合だが、急ぎで治療する必要はない」と書いており、結局歯医者に行った方が良いのかどうか分からず悩んでいます。ネットでは治療を勧めている歯医者のHPもあり、人によって言うことが違いすぎるので何を信じたら良いか分かりません。素人考えだと子供ですし、成長したり乳歯が抜けたりしたらまた変わってくるのかと思うのですが、とりあえず親として今何をすべきかを知りたいです。

Question is closed for new answers.
rio3108 selected answer 2017年7月21日
1

お子さんは、3歳半検診の時には泣かずにしっかり診て貰えましたか?
泣いてしまうと下顎を前に出す事が多く、その為過蓋咬合を見過ごされ
てしまった可能性があります。
半年間で急に咬合が変化する事はありませんし、幼稚園医が急ぎで治療
する必要がないと書かれているのは、乳歯の最後方歯 E が未だ完全には
萠出していないので過蓋咬合は軽減する余地があると思われたのでしょう。
過蓋咬合があまり変化せずに永久歯に生え替わってきたら、その時点で
矯正専門医に相談されると良いと思います。

rio3108 selected as best answer 2017年7月21日
You are viewing 1 out of 1 answers, click here to view all answers.