Main Navigation

Solved2.58K views
0

お世話になります。私は子供の頃から虫歯ができやすい体質で大人になった今でも毎年必ず虫歯治療を行っております。

歯磨きは朝、夜しっかりと行っていて予防対策をしているつもりですが、虫歯を抑える事ができません。

前歯はありませんが、奥歯は虫歯だらけで銀歯を付けて治療しても再び進行してしまう状況です。

虫歯になりやすい人とそうでない人との違いは何でしょうか?

普段食べている物とか睡眠時間、歯の形状、唾液の性質等は関係がありますか?

またオススメの歯ブラシや歯磨き粉等があれば教えて頂けると幸いです。

ちなみに現状では「せっけんハミガキ」を使用しております。

 

それと虫歯治療のついでに必ず歯周病予防として歯茎のまわりの歯垢の除去を進められるのですが、

これは定期的に受けた方がいいのでしょうか?

質問ばかりで恐縮ですが、教えて頂けたらと思います。

Question is closed for new answers.
ahotake123 selected answer 2017年9月25日
0

私が考えるムシ歯になり易い人と、なり難い人の差はムシ歯になったら治療に行くか、
ムシ歯が無くても定期的に検診に行っているかの差では無いでしょうか。
定期的に検診をして、その都度歯科衛生士からP.M.T.C.という処置を受けたり適切な
ブラッシング指導をお受けになれば、より歯を長持ちさせることが出来ると思います。
その際、あなたに合った歯ブラシやブラッシングの注意点も教えてもらえますよ。

ahotake123 selected as best answer 2017年9月25日