Main Navigation

Solved3.93K views
0

子供の頃から不正咬合で歯科検診で何度もひっかかっていました。

前歯が少し前に出ている為噛み合わず、横から奥歯が噛み合っている状態ですが、年々噛み合わせが悪くなっているように感じてはいますが、特に治療もせず今に至ります。

そのせいかは分かりませんが、歯ぎしりが続いています。

ギリギリといったものではなく、きゅうきゅうといった高い音で、パートナー曰く鹿の鳴き声のようで、

音が大きいそうです。

特に疲れた時やお酒を飲んだ日にはひどいとのことですが、

パートナーに申し訳なく、改善したいと思っています。

そこで質問なのですが、

①どのような治療になるのでしょうか。人前に出るお仕事をしているため、日中にする矯正は避けたいです。

②このまま歯ぎしりを続けるとさらに噛み合わせが悪くなっていく可能性もあるのでしょうか。その場合健康等に影響があるでしょうか。

③そもそも改善するものなのか、疑問です。ずっと付き合っていくしかないものなのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Question is closed for new answers.
umi selected answer 2017年10月18日
0

歯ぎしりが、昼間起こらないのは神経が制御しているからです。

しかし睡眠時、特に疲労している時や酩酊時等は神経では制御

しきれませんから、どうしても歯ぎしりをしてしまいます。

そこで歯科医院ではマウスピース等を作成し、緊張を緩和して

歯ぎしりを抑制しています。

歯科技工士が作成した「歯ぎしりくんα」というマウスピースが、

ネットなどで簡単に入手出来ますので、試されては如何ですか?

You are viewing 1 out of 4 answers, click here to view all answers.