Main Navigation

2.94K views
0

自力で舌回しをしてかみ合わせが変わってしまいました。

 

以前、顎関節症と診断されました。

上の前歯の中心線と下の前歯の中心線がずれていたため、舌回し運動を続けたところ、

線がそろうようになりました。あごの痛みもおさまりつつあります。

 

しかし、以前のかみ合わせの状態でこれまでにかなり歯科治療を受けてきました。

そのため今は、左側は犬歯あたりで上下にぶつかってしまい、右の歯はかまずに浮いているという状態です。

 

あごの不調があっても、以前のかみあわせに戻した方が良いでしょうか?それとも歯科治療である程度そろうようけずってもらうことは可能でしょうか?

 

補足ですが、子供のころに上あごを押し広げるタイプの歯列矯正をうけて中断しました。

0

舌回しをして咬み合わせが変わり、顎関節症の症状が

軽減してきたのは、咬合高径という咬み合わせが高く

なって来た事で咬み合わせが落ち着いてきた為ではな

いかと推測されます。

もし歯科で早期接触している部分を削ってしまうと、

また顎関節症の症状が出てしまう事も懸念されます。

もう少し様子を見て、顎関節症を再発しても咬める事

を優先したいなら削って貰っても良いとは思いますが

顎関節症でお悩みだった方は、折角治った症状が戻る

事は選択されない様です。