Main Navigation

Solved2.59K views
0

昔拒食症気味で吐き癖がありました。

吐き癖は今は治ったのですが、その時すでに歯科で前歯の表面のエナメル質が溶けはじめていると言われました。

その後妊娠して悪阻でまた吐いてしまう機会が数ヶ月続いた結果前歯が3分の1ほど溶けて短くなってしまいました。他の歯よりも前歯二本だけが短くなってしまい、また尖っている部分が出来てしまって不自然で悩んでいます。

今は子供が小さくなかなか歯科に行けていないのですが、歯科で治療してもらう場合は治療法はどのような種類がありますか?

この場合前歯ですが保険は効きますか?矯正歯科も受診したほうが良いでしょうか?

インプラントにしなければ治らないのか、よく虫歯の治療である詰め物やかぶせる治療で治るのかが気になっています。

ご回答よろしくお願い致します。

Question is closed for new answers.
sakisaki selected answer 2018年2月25日
0

歯の状態を精査できませんので正確にはお話しできませんが、根の状態は大丈夫だと思いますのでインプラントにするよりセラミッククラウン等の被せる治療をされた方が良いのではないでしょうか。

素材をセラミックから硬質レジンに変える事で保険適用になると思いますが、耐久性や色調などに違いがありますので一般歯科医院で良くお訊きになって下さい。

sakisaki commented on answer 2018年2月25日

丁寧なご回答ありがとうございます。 鏡を見る度に悩んでいたので、治療法がありそうだと知って心が軽くなりました。吐き癖からが原因で歯科に行くのも恥ずかしく億劫に思っていたのですが、思い切って行ってみようと思います。 仰ってくださったようにおそらく根は大丈夫なのでクラウンで大丈夫そうです。あとはセラミックか硬質レジンは歯科の先生と相談したいと思いました。 悩みが軽くなり感謝しております。 本当にありがとうございました。