Main Navigation

Solved4.05K views
0

奥歯に詰め物をしてもらっていたとき、助手の方?が高さの調整をしているところへ医師が来て、助手の方と交代しました。その方が調整が終わっていないことを伝えていましたが、医師は高さの調整などはせず、いきなり詰め物をつけはじめ、どうしてよいかわからないまま治療が終わってしまいました。その後つけ心地を聞かれて、ちょっと高いんですがと言うと少し削ってくれたんですが、それでその日の治療は終わりました。帰宅後、詰め物をした部分が痛くて、舌も痛くなってきています。高さがあっていないので、噛むことができなくて辛いです。一般的に詰め物を付ける時は、口の中や歯などを消毒したりせずに詰め物を付けてしまって問題はないのですか?このままこの医師の治療を続けるべきか迷っています。

Question is closed for new answers.
ちよや selected answer 2018年3月17日
1

一般的に補綴物と言われる詰め物をセットするまで形成した窩洞は、仮封剤という柔らかい材質で保護していますので、最終補綴物をセットすると高く感じる事が多いようです。

歯科衛生士の方は窩洞への適合性をチェックしていたのだと思います。衛生士や助手に咬合調整させる事は違法だからです。

セットしたその日には当然高く感じてしまうので、ある程度慣れてから咬合調整をされるのではないでしょうか。

あなたが心配されている口腔内の消毒ですが、動物はケガをした時傷口を舐めてきれいにしていますし、歯科用セメントには唾液中の水分を利用して硬化させる物もありますのであまり神経質にならなくても大丈夫だと思います。

ちよや selected as best answer 2018年3月17日
You are viewing 1 out of 1 answers, click here to view all answers.