牛久保順一さんの回答一覧

何歳からでも可能ですが、成長を考慮しながら治療をするなら長期に診て貰った方が安心できると思います。 上顎骨と言われる上アゴの骨は8〜9歳位で成長のピークを迎えます。その後、小学校の高学年から中学生位にかけて乳歯と永久歯の交換が行われ、女性の場合は高校生位迄、男性の場合は大学生位迄、下顎骨と言われる下のアゴの骨が成長して骨格は完成されます。その後、第三大臼歯(親知らず)がある人は萠出により歯列に影響が出る事もありますので注意して観察を継続する必要があります。...

0 いいね   ベストアンサー

通院時間を問題にされるより、治療内容で比較されると良いと思います。 認定医ならある程度の技術力は、学会により保証されています。しかし医院により、治療方針や治療内容・考え方も違いますから、両方でお話をお訊きになって納得出来る方で治療を始められると良いのではないでしょうか。近くでも混んでいる医院では緊急対応をして貰えない場合もあるので、その辺を事前に確認しておく事も大切です。...

0 いいね   ベストアンサー

娘さんは歯の生え換わりの時期で、専門用語で言うと「アグリーダックリングステージ」といって日本語では「醜いアヒルの子の時期」と訳されています。...

0 いいね   ベストアンサー

一般的に補綴物と言われる詰め物をセットするまで形成した窩洞は、仮封剤という柔らかい材質で保護していますので、最終補綴物をセットすると高く感じる事が多いようです。...

1 いいね   ベストアンサー

渡航先の医療レベルが判らないので断定する事は出来ませんが、帰国する迄保たずに外れてしまう事も懸念されます。現地の在留邦人の方に何処で治療されているかお訊きになってみて納得できたら治療してもらうと良いと思います。

1 いいね   ベストアンサー
1 2 3 4 33 34 35